チラシを作る時はブランドイメージを意識する事が大切

koukokuお店の雰囲気、価格帯、商品の内容などを上手くチラシに表現できていますか?チラシをデザインする際や、デザインを依頼する際に重要なのはどんな店になって欲しいか?ブランドイメージをしっかりと持つことが大切です。

20160401お店のブランドイメージを作ろう

お店のチラシに、自社の良いところは上手く表現できているでしょうか? 想像を形に表現することは意外と難しいものです。弊社のように毎日デザインに携わっていても、新しいチラシを作る時にはすんなりとかっこ良いデザインが出てくる訳ではありません。何日もかけて進めて行きます。

どんなイメージか?を想像しよう

どのようなイメージをお望みなのか、高級イメージで売りたいのか、リーズナブルで買いやすいイメージなのか? ターゲットは男性か女性か? など、頭の中でイメージ作り込んでから作業に入ります。このイメージが曖昧だと、完成度が低くなります。

b6f836bba990a4708c4c1d190fd88d35_s依頼するときは、イメージを伝えよう

お客様からプロに依頼するときも同様です。期待はずれのデザインを何度も見せられ、修正を依頼するということにならない為にも、自身が頭の中でイメージしているものをデザイナーに伝えなくてはなりません。デザイナーもそのあたりを聞き出したいはず。

イメージに近い広告をストックしよう

もし、口べたで上手く伝える自信が無いのならば、他社の折込、雑誌などの広告を参考に保管しておきましょう。商品のジャンルは全く違っても構いません。日頃から良いなと思った広告はスクラップしておくことをお勧めします。「こんな雰囲気にしたい」ということはしっかりと伝えなくては良いものが出来ません。

美濃企画へのお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。