目に留まるチラシデザインのポイント

syoka_sen

自社の商品やサービスなどをアピールしたいと考えた時、まず思いつくのがチラシやテレビコマーシャルで宣伝することです。コマーシャルは非常にハードルが高いですし高額の費用も必要になるため、中小企業でも気軽に行えるというものではありません。
そこで行われるのが多いのが、チラシを作成して配布するという昔ながらの広告方法です。

チラシ広告のメリットと大切なポイント

checklist-1266989_1280

不特定多数に視覚から効果的に訴えることができるため、多くの人に商品やサービスを知ってもらうのに効率が非常に良くなります。
ただ、チラシは作りさえすれば何でもよいという訳ではなく、当然ながら消費者の目や興味を集めなければ意味がありません。どんなに綺麗なデザインであっても、特に興味も惹けずにゴミ箱に捨てられてしまうようではお金の無駄になってしまいます。
消費者の目を惹きつけ、内容に目を通してもらうためにはうまく目立って分かりやすいデザインにすることが大切なのです。

目に留まるチラシってどんなチラシ?

4a7b3468e1f69b8186997a9ff1418412_s

自宅のポストには、毎日様々な企業から様々な内容の広告類が入れられているという人も多いでしょう。地域や時期によっても異なりますが、大量に入っている広告類を全て確認しているという人は多くないはずです。
全ての広告が見てもらえるわけではなく、必ずチェックされるものとされないものに自然に分かれます。つまり、せっかく頭をひねって作った広告であっても、必ず見てもらえるとは限らないのです。
消費者の目に留まる広告を作成するためには、他の数多くの広告に紛れることのない目立つ内容にすることが大切だと言えます。目立つとは言っても、単純に赤やゴールドなど派手で目立つ色を使えば良いというものでもありません。
色遣いでまとまりのない派手さを出してしまうと、その商品やサービスそのものがイマイチといった印象を持たれてしまいかねないのです。広告と言っても、あくまでもアピールしたい商品やサービスのイメージを損なわない内容にしておくことが大切です。

 

目立つ広告と簡単に言っても、消費者によって興味を持つデザインや色は異なります。そのため、まずは消費者のうちどの年代や性別をターゲットとしているのかを分析する必要があります。例えば、女性向けの化粧品であれば女性受けの良いピンクや赤といったカラーをメインに使用すると目を引きやすくなります。
また、スーパーの特売チラシなどでよく使われている赤と黄の組み合わせは安さやお得感をイメージさせやすいため、主婦層の目を引くのに役立ちます。このように、単純に目立つ色を選ぶのではなく、ターゲットの傾向などを考えたうえで内応を決めることが重要です。

色遣い以外にも広告を目立たせるポイントがある

arrows-2034025_1280

まずは印刷する用紙そのもので、厚さや紙質などにまで注意を払いましょう。
少々割高になったとしても、他の広告が多く使用している一般的な紙とは違うものを使用すれば、それだけで目立つことができます。とにかく大量に配布したい場合はコスト面も考えなければならないのでこの方法は適していませんが、特定地域やターゲット層が狭い場合は有効です。
内容においては、やはり商品やサービスの説明ばかりではなく、ターゲットの興味を惹きやすい画像やイラストを使用することも必要です。
例えばマイホームや家電製品の広告などの場合、ターゲットには子どもがいる世帯も多いので広告内に子供がお絵かきできるスペースを設けたり、ぬり絵や間違い探しなどのお楽しみコーナーを設けると効果的です。
子供が見たがれば親も一緒に自然と内容を見ることになるので、興味を惹くという目的を達成できます。その分商品などの説明スペースは奪われてしまいますが、まずは興味を持ってもらうことが第一なので割り切ることも大切です。
詳しい説明は広告の裏面で行うなど、手間やコストは余計にかかってしまいますが1枚の広告で効率よく効果を発揮させられるデザインに工夫するようにしましょう。

デザインは大切なポイント?

b6f836bba990a4708c4c1d190fd88d35_s

最近では、インターネットなどで注文すれば安価なコストでオリジナルの広告を作成することもできます。コストをかけなくても良いのは企業にとって嬉しいことなのですが、やはりデザイン料がかからない分インパクトや華やかさに劣ってしまうという問題点もあります。
コストを抑えるにはモノクロ印刷が最適ですが、そればかりでは商品のイメージも湧きにくく、カラー的にも目立たないのですぐにゴミ箱行きになってしまう可能性が高まります。

デザイン会社に頼むメリットは?

4d14d4e52e79635c9c48cc21e3e81369_s

広告のプロが作るデザインは、それぞれの商品の特性を考えてレイアウト配置、色の選定、構成の配置等を行い、商品やサービスを最大限アピールする為の見せ方をしっかりと感が抜きます。
また、多くの案件を抱えていてるので、これまでの実績やノウハウを持っているのも大きなポイントです。
デザイン会社に相談をし、これまでの実績や広告やチラシの作り方を聞いてみるのも良いチラシを作る上で有効な手段となります。

 

消費者に見てもらえるチラシを作るためには、内容や色遣いを始めとして様々なポイントに注意しておく必要があります。効果的に商品をアピールするためにも、こういった内容を抑えておくと役立ちます。

美濃企画へのお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。