オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い

6c05b8ab4cfb6fc5a8d6a8478b3e403b_s「オンデマンド印刷」という言葉、よく耳にすると思います。皆さんも利用されたことがあるかもしれません。急ぎで少量の印刷に向いている印刷方法です。対して昔からある印刷方法に「オフセット印刷」というものがあります。仕上がりがキレイですし、特色も印刷できる従来の印刷方法です。では実際どっちがお得なのか?をご説明しましょう。

「オンデマンド印刷」「オフセット印刷」は印刷方法が違うので、必要に応じて選ばなければお得にはなりません。必要を見極めて間違えないことが重要です。

「オンデマンド印刷」の特長

オンデマンドの印刷はトナーです。インクは使いません。会社などにあるレーザープリンターと同じようなものです。コピー機・複合機の高性能版になります。データからダイレクトに印刷できますので、従来の印刷に必要だった版は必要ありません。版が必要無いのでコストダウンできます。

・急ぎで必要な場合

・仕上がり数が100枚程度の少量なもの

このような場合に向いている印刷方法です。

デメリットは、毎回印刷の色が安定しにくい。

薄い色やグラデーションがキレイに再現しにくい。

特色では印刷できない。

ズレがある。

細かい部分・小さい文字などの再現が苦手。

「オフセット印刷」の特長

インクで印刷する方法です。印刷には版が必要で、基本のCMYKの4色フルカラーに加えて特色も使えますので、4色+特色1~2色など表現の可能性は広いです。逆にコストを下げる為に1色、2色だけで印刷することも可能です。版を作る行程がありますので日数が少々かかります

・仕上がりサイズよりますが1000以上ならオフセットで印刷可能でしょう。

・薄い色やグラデーションや細かい部分・小さい文字などの再現キレイに印刷できる。

・特色との掛合わせも可能。

・印刷の腕にもよりますが、ズレはほぼなく仕上がりがキレイ。

・たくさん印刷すれば1枚当りの価格は安くなる。

このような場合に向いている印刷方法です。

デメリットは

版を作る行程がありますので日数が+1~2日かかる。

版を作るので仕上がり枚数が少量は割高になる。

コストを下げようとすると、印刷知識が必要(専門業者の依頼した方が良いレベル)。

7e57eaa61a9c888627e69b3135f2f2a2_s

まとめ

結局どうなのかというと、仕上がりの美しさは断然オフセット印刷です。スピード勝負はオンデマンド印刷。100枚程度の少量で急いでいる場合はオンデマンドで、チラシ、パンフレットなどの仕上がり重視で枚数の多いものはオフセット印刷ということになりますので、参考になさってください。迷われた場合やオフセットが向いている印刷物がございましたら是非ご相談くださいね。

美濃企画へのお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。