たねやさんから学ぶ、店舗の演出

7dc806bae1d018ccae2fc06ece7e4af3_s

昨日に続いて、先日訪問した滋賀県近江八幡市のたねやさん巡りの旅<後編>です。昨日の記事はこちらからご覧いただけます。

店舗の雰囲気づくりはしっかりと。飽きさせないアイデア!

209b4ba5dbb88826d9ca551f51dd28f5_s

次に向かったのは近江八幡の観光地にある2店舗。こちらは「たねや」「クラブハリエ」が向かい合わせの店舗展開です。先程の1店舗目からは車で5分ほどの距離です。休日だったからかもしれませんが、どちらも観光客向けの店舗になっているように思いました。商品の販売+カフェも併設されていました。和菓子「たねや」の方では観光地の風景と重厚感ある店の外観がマッチしていてとても良い雰囲気ですし、クラブハリエの方も広い店内と奥のカフェの雰囲気が素敵なお店で、1店舗目とはまた違う雰囲気がしっかりと出ていて、同じ店という感じはあまりしなかったです。こんなに近くに何店舗もお店があるのに、違うアピールでどのお店も混でいるのはしっかりと考えて作られています。

同じ商品も、違う切り口で展開すれば新鮮に!

69ba5428facf5cf5014409773cb0d345_s

最後は今回一番行ってみたかったお店の「ラ コリーナ」という店舗。こちらも店内には「たねや」「クラブハリエ」の両方の展開でした。通常の商品販売の他にこちらは「できたてのバームクーヘン」のカフェや目の前で作る「生どらやき」「ソフトクリーム」などのメニューを展開していました。こちらも観光客向けの店舗ですが、先程の店舗とはまた違う雰囲気で楽しく店舗をみて、食べて、楽しめました。

まとめ

今回、4店舗回りましたがどの店も雰囲気が違い、お客の目的も違うように思いました。同じ商品でも見せ方や提供方法の違いなどで、いろいろなアピール方法があることも勉強になりました。観光地にありがちな「どの店舗も同じ」という見せ方ではないので1日に4件も回っても、どの店も違いがあり発見もあり楽しかったです。

もう少し足をのばしてたねや系列のパンのお店「ジュブリルタン」に行ってみたいのでまた次の機会にチャレンジしようと思います。

美濃企画へのお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。