チラシの反響 戻り率と顧客獲得について

チラシを折込んだ際に気になるのは、どのくらいの反響があるのか?ということ。「100枚配布したら、1人くらいは、、、。」なんて、とんでもない話です。戻り率1%という計算になります。たしかに、それくらい反響率があれば嬉しいですが、そんなに甘くはないものです。

akichirashi

チラシの戻り率と顧客の獲得

一般的なチラシの戻り率は0.01%~0.03%くらいだそうで、良くて0.1%~0.3%だそうです。利用いただいた客様は確実に次回も利用していただきたいところ。

digital-marketing-1725340_1280

実際に、弊社にご依頼いただいたA社様の戻り率を調べてみた所、0.2%でした。その中で新規のみの反響率ですと0.08%です。(2016年度の折込実績より)0.2%ですと、10000枚折込したら20人の受注があるという計算になります。そのうち新規顧客は8名です。

固定客を増やすには折込を重ねることも必要

10000枚折込したら20人のうち新規顧客は8名とは、少ないように感じますが、この新規顧客は次回の固定客になる予定の顧客です。折込は、1度撒いただけではその効果を発揮しません。何度も定期的に折込みすることで、より効果を発揮します。

7a8571d8ad081a402a92cab4eaac70ac_s

店の認知度を上げる重要性

初回の顧客がすくないのは当然で、この顧客が次回の折込を見て再度注文するというパターンを作らなくてはなりません。1度注文をいただければ、2回目はより親しみを持ってご注文をいただく。3回目はさらに、、というように。定期的に折込をすることは、顧客に安心感を与えします。これが、顧客を増やす方法 のひとつなのです。

広告費を無駄に使わなために

1度折込をしてみて、反響が少ないからと辞めてしまうなら、最初から別の販促に使った方がよいでしょう。良い効果を生み出す為にも、少なくても季節ごと(3ヵ月に1度)を1年間くらいは実践されることをお勧めします。定期的な折込はより大きな効果になるのではないでしょうか。

美濃企画へのお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。