トップ > コラム一覧 > 料理広告はカメラアングルにもこだわって

料理広告はカメラアングルにもこだわって

料理広告用の写真はやはり質が命!

料理広告を出す飲食店がありますが、大抵の場合上手に撮影されています。
ですが稀にえ?素人?と思ってしまうような写真があります。
こういった見栄えが悪い写真を使っていると、
実際は料理が美味しくても食べに行こうとは思いません。
やはり初めてお店を訪れるお客さんが参考にするのは、
インターネットや雑誌に載っている写真なのです。
ですからとことんこだわる必要があるでしょう。
料理広告の写真を撮影する際には、プロフェッショナルに依頼すると思われますが、
プロならではのアングルがあることでしょう。
素人だったら真正面から撮影したりして素人さが出てしまいますが、
プロだと斜めから撮影したり、少し傾けてみたり…
俯瞰気味に撮るのもプロならではの技でしょう。
料理の写真というのは普通の写真と違い、美味しく&新鮮に撮影しなければいけません。
それを表現させるためのアングル法があります。
斜め方向から45度のアングルで撮るという方法もありますが、
これは実際に自分が食べようとしている気分になれる角度です。
ですからご飯屋さんを探している!
という人に見せる料理広告の写真には最適のアングルとなります。

アングルが変われば別物になってしまう?

カメラでの撮影においてアングルは非常に大切になります。
同じ料理を撮影するとして、1枚は真正面から、もう1枚は斜め45度から。
これらを見比べるとかなり大きな差があるのです。
上記した斜め45度の角度も良いのですが、
料理や背景によっては、他に適した角度があるかもしれません。
ですから念のため様々なアングルから撮影してみるという方法も提唱されています。
そして撮影後に良い写真を選べばよいのです。
飲食店のオーナーさんや食べ物系の通販ショップを営んでいる人は、
とにかく写真の出来栄えにこだわっています。
なのでアングルは当然ですが、明るさや背景といったものにもこだわってみましょう。
意外と面白いのが真上から撮影したりする方法です。
そうすると素人離れした素晴らしい料理の写真が撮影できるでしょう。
料理広告の写真を撮影してほしい!と思っている人は、
アングルについて熟知しているプロに依頼してみましょう。
やはりおすすめは料理撮影に精通しているプロのカメラマンです。
そんな彼らから素晴らしいアングルを学びたいです。

 

ページの先頭へ戻る
  • 料理の折込チラシ・パンフレットについて
  • 受注専用パソコンソフト
  • グラフィックデザイン
  • スタッフブログ
  • よくあるご質問
  • お問合せ
  • 折箱・手提げ袋の販売 折箱屋
  • 折箱・手提げ袋のご注文・お見積り
  • 美濃企画株式会社のフェイスブックページ