トップ > コラム一覧 > 美味しそうなライティングは料理広告の命

料理広告の見映えのカギとなる洗練された演出とは

料理を撮影して集客力&売上アップを狙う

ネットショップで料理を販売している人や料理屋さんを経営している人にとって、
写真というのは非常に大切なものになっています。
ネットショップで何か料理を販売する際は、
お客様が実際に商品を見ることができません。
写真や文章で魅力を伝えることになるのですが、
やはり文字よりも写真がアピール力はあります。
アピール力がある分、
あまり美味しそうに見えない場合は逆に売り上げを下げてしまいますし、
上手に撮れている場合は爆発的な売り上げを記録することになるかもしれません。

お客様が料理を選ぶ時に利用できる選択要素があまりないからこそ、
ライティング術を駆使して撮影しなければいけません。
料理広告=ライティングが命と言っても過言ではありません。
また、街角にあるレストランでも同様です。
店の前におすすめメニューの写真が飾ってありますが、
ライティングがしっかりと行われないで撮影すると客数も減るでしょう。
他にも雑誌やネット上に料理広告を出すかもしれませんが、
そういった際にも気を付けてください。
料理広告の写真次第で訪れるかどうか決める人もたくさんいます。

料理広告の演出って大事です

料理広告の写真を魅力的に撮影する際に使いたい技術といえば様々ありますが、
ライティングも極めておきたいところです。
優秀な機材をそろえるのも重要ですが、それ以上にこれは大切でしょう。
元々カメラにもストロボ機能が備わっていますが、それを使用するのではなく、
レフ板を使い逆光を当てて撮影する方がベストでしょう。
ちなみに逆光を当てる方向は正面からではなくて、後ろ側からあてるのがおすすめです。
また料理広告でお客様にアピールするにはライティング以外にも、
角度も重要になります。

これも正面からではなく45度ほどの角度が推奨されています。
他にも肉の場合には肉汁を写す、
野菜や果物の場合はみずみずしさを表現するために潤いを感じられるように、
水滴や果汁がついている状態で撮影するなどもあります。
さらには焼いているところを撮影して臨場感を演出する、
食べようとしているシーンを撮影するというのも重要になります。
こういった手法がいくつもあります。 これらを取り入れることで、すごく美味しそうな料理の写真を撮れるようになります。 美味しそうに見せる撮影ポイント

ページの先頭へ戻る
  • 料理の折込チラシ・パンフレットについて
  • 受注専用パソコンソフト
  • グラフィックデザイン
  • スタッフブログ
  • よくあるご質問
  • お問合せ
  • 折箱・手提げ袋の販売 折箱屋
  • 折箱・手提げ袋のご注文・お見積り
  • 美濃企画株式会社のフェイスブックページ